ギブアンドテイク、情けは人の為ならず

20歳くらいの頃、誕生日プレゼントを、あげたらもらったりを、と仲間の間でやっていましたが、1人だけ、もらわなかった人がいました。その人の誕生月にもう1人誕生日の人がいて、その人は、ちゃんとみんなにくれていたので、誕生日プレゼントを、用意してあげたのですが、くれなかった人には、あげなかったです。なぜなら、その人は、私の誕生日の時、プレゼントを、くれなかったからです。ほかの仲間から、あの人も誕生日だよおと、何人も耳打ちされましたが、だって、あの人みんなになにもくれてないじゃん、だからいいんじゃないって、意地悪しました。みんなからなんだから、いくらでもないプレゼントの一つくらい買って渡してあげればいいものの、その人は、すごく嫌な思いしただろうなあと今は思います。冷たい対応を仲間の前で、してしまいました。でも、そうは思っても、あれから何十年も経った今でも、情けは人の為じゃないんだよ、やってやったことに対しては返せよと思います。人間ってそうそう変わらないものですね。大人になって、みんなにいい人を演じることができるようになって、心では、転んでしまえとか、うまくいかなきゃいいのにとか、ブラックな心を持っています。ギブアンドテイク、情けは人の為ならず、そして、因果応報であれと思っています。ってことは、因果応報なら、意地悪した自分も意地悪されるんだろうなあと思いながら、生きています。そう、人は持って生まれた個性は、一生消せないんだと、思います。